悪霊の神々

Ver2.4後期で特に変更点なし

アトラスバズズベリアルの3匹と同時に戦うコイン(カード)ボスです。
各ボスの特徴や行動詳細はそれぞれのボスページをご覧ください。

注意点や攻略法

このコインボスで登場するボス達は、
単体で出現する場合に比べ最大HPが少し下がっています。
また、通常行動の行動回数が、3匹いずれも1回行動に減らされています。

戦闘が始まると最初にバズズが動きます。
1ターン後くらいにアトラス、さらに1ターン後にベリアルが動きだします。
動き出していない敵にダメージを与えても、動き出すことはありません。

混戦になりがちなため、範囲技の実行を見落としやすくなります。
技の吹き出しが見えなくて気が付かなかった、ということがないように、
3匹が画面内に映るように視点を調整しつつ戦いましょう。
ザラキーマや大地の怒りを受けてしまうことも多いので、
即死や転び耐性の装備を用意すると安全度が増します。

呪文職はバズズのマホトーン対策に封印耐性を用意します。

構成例

バト、スパ、どうぐ、僧侶

ラリホーマでアトラス、ベリアルを寝かしつつ、バズズから倒します。
バズズの後はアトラスがターゲットで、
ベホマで戦闘が長引くことのあるベリアルは最後に倒します。
1匹を倒した時点で他の2匹が寝ていた場合、
すぐ攻撃を始めるのではなく、強化のかけなおしやMPを回復してから攻撃を再開する、
という工夫をしてみても良いかもしれません。

寝かせ役がスーパースター、どうぐ使いと2人いる点
強化呪文をどうぐ使いが担当するので僧侶が回復に専念しやすい点
アイテム範囲化、倍化術でMP管理が非常に楽な点
といった利点が挙げられます。

<バトルマスターの立ち回り>
敵の数を減らすことは寝かせ役の負担を減らすことにつながります。
少しでも早くバズズを倒せるよう、削りに専念します。
他のPCはロストアタックをする程ターンが余っていない可能性があるので、
ロストアタックも忘れずに入れていきます。
すてみ、ブレードガード、心頭滅却は状況に応じてお好みで。

<スーパースターの立ち回り>
ボディーガードを維持して死なないことが最優先です。
開幕はラリホーマでアトラスとベリアルを寝かせ、
どうぐ使いの準備(強化呪文やアイテム範囲化、倍化術など)ができたら、
バトルマスターと一緒にバズズを削ります。
悪霊の神々は3匹とも守備力がそれほど高くないので、双竜打ちで十分な削りが出来ます。
寝かせている2匹が起きだしたら、寝かせ補助をしつつ削ります。

<道具使いの立ち回り>
開幕に1度だけラリホーマをかけた後は、
バイシオン、道具範囲化、倍化術などを使いつつ、
合間にラリホーマを唱えてアトラス、ベリアルの2匹の寝かせ管理をします。
ハンマースキルのスタンショットがあると緊急時に便利です。
メンバーのMPを見つつ、MP管理も忘れないようにしましょう。

<僧侶の立ち回り>
敵が複数動いている時は回復に専念し、
1匹だけ動いている時に強化や補助をかけるようにします。
フバーハ、スクルトなどを優先的に使い、味方が倒れにくい状況にします。
どうぐ使いにMP管理を任せられるため、マホトラのころもは必要ありません。

アタッカー、アタッカー、スパ、僧侶

スーパースターをする人が攻撃役に回れない場合は、こちらの構成が良いかと思います。
この場合スティックを持ったり、魔力の上がる装備でラリホーマの命中率を上げます。
魔力が350を超えると命中率に影響を与えられるようになります。
回魔を上げるか攻魔を上げるかは、その人が上げやすい方で問題ありません。

まも、まも、道具、僧侶

悪霊戦に慣れ、とにかく早く数をこなしたい人向けの構成です。
敵を寝かさず磁界シールドの上に4人が密集して陣取り、3匹と同時に戦います。
それゆえ事故が起きやすく、たまに全滅することもあります。
僧侶がキラキラポーンを行う余裕がないので、
マヒや転び、即死耐性は各自で用意すると良いでしょう。
呪文職は封印ガードも忘れずに。

<まもの使いの立ち回り>
どうぐ使いや僧侶とHPリンクして互いを守ります。
心頭滅却をしたら、ひたすらオノむそうで攻撃。
怒りは放置せずに解除した方が安全性は高まります。
属性耐性を有する敵がいるので、デュークアックスが必要です。

<道具使いの立ち回り>
磁界シールド(ダメージ20%減少)を維持するのが最優先です。
30秒で消えてしまうので、 3回行動したら古い磁界シールドが消える前に更新。
補助はマジックバリア、バイシオンを優先的に使います。

<僧侶の立ち回り>
聖なる祈りを使ったら後はひたすら回復です。
ターンに余裕があるからといって補助を入れたりすると回復が後手になってしまうので、
祈りの更新と回復以外にターンを割く必要はありません。



  • 最終更新:2015-03-05 22:34:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード