ブレスダメージ

ブレスダメージ

ブレス攻撃は、計算式でダメージが決まるのではなく、
敵ごとに設定された数値をダメージとして採用しています。
そのため、特定のパラメータを変化させダメージを増減するのではなく、
軽減のステータス変化を付与することや軽減装備でしか軽減が出来ません。

設定された数値を基本ダメージとして扱います。

11/4追記
計算式を少し修正しました。
軽減率や軽減効果などの百分率(=%)は、それぞれ小数に戻して計算を行って下さい。

ダメージを増やす要素

テンションの影響
攻撃の種類を問わず影響を与える要素のため、ダメージの増加と軽減に詳細を書いています。
ブレス攻撃(敵、仲間を問わず)は対象とした相手だけにテンションダメージが乗り、
他の相手へは基本ダメージを与えます。
graph04.png

その他の要素
仲間モンスター限定の増加要素ですが、
ブレス系効果+X%というスキルを取得することでダメージを増やすことが出来ます。
複数覚えていると重複して計算されます。
加算と乗算のどちらなのか、までは確認出来ていません。
他にも、
○属性特技のダメージアップ、という効果が付いた輝石のベルトを装備させると
その属性のブレスダメージをアップさせることが出来ます。
こちらも、上記のスキルとの計算がどうなっているかは確認出来ていません。

ダメージの軽減に関わる要素

装備による軽減効果
装備の基礎効果やセット効果、錬金効果による軽減分です。
錬金効果は体上と盾に付与できます。
基本ダメージ×(1-軽減率)で計算します。
graph18b.png


ステータス変化「ブレス耐性」
ブレス耐性を上下する特技や呪文の影響です。
graph20.png
前述の、装備による軽減効果は足し算でここに加えます。
基本ダメージ×(1-軽減率)で計算します。


属性の影響
ブレス攻撃もダメージを伴うものは属性を持っています。
属性耐性を上げることで軽減が可能となっています。
基本ダメージ×(1-軽減率)で計算します。
属性軽減率が100を超えた場合、その属性ブレスは「MISS」と表示され無効化されます。

また、PCは種族ごとに若干の属性耐性を持ちます。
→Ver3.2前期における変更でそれぞれの種族が備えていた属性耐性はなくなりました。

複数の要素が絡む際の計算式

基本ダメージに、装備分とステータス変化を合計した軽減率と属性軽減の軽減率を
掛け算することで最終的なダメージが求められます。

ブレス攻撃は装備分とステータス変化を合わせると、軽減率100%を達成できます。
この場合、ダメージを伴うブレスは「MISS」と表示され、無効化されます。


  • 最終更新:2015-12-26 00:59:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード