ダークドレアムの攻略

ダークドレアム戦の攻略に関するページです。
内容をご覧になりたくない方はこちらでメニューに戻れます。



2o15.3.19
クエストを行うエリアが非常に混雑しているせいで、
正常にクエストを進行できない場合があります。
同盟やパーティが分断されるとその先に進めないことがあります。
その場合はクエスト受注時に入手するだいじなものを使うと、
フィールドマップに戻ることが可能です。
再入場の時間制限ペナルティなどはありません。
→2o15.6.24に実施されたバージョンアップから、
「だいじなもの」を使っての脱出、あるいは「回線切断」による離脱
このいずれかが発生すると30分の入場制限が課せられるようになりました。
入場制限は神話篇無現篇共通で、どちらかで制限を受けると解けるまではもう一方にも入場できなくなります。


























ダークドレアム

通常行動は常時3回行動
こちらの攻撃を武器ガードすることがあります
特技、呪文のどちらにも反応して怒ります
風属性が弱点

通常時の通常行動

通常攻撃
守備力400で450~500程度のダメージ

おぞましいおたけび
ダークドレアムを中心とする範囲内にいるキャラクターに現在HPの98%に相当する割合ダメージ
追加効果で呪い混乱呪文封印特技封印素早さ2段階ダウン行動不可を付与
*行動不可:吹き飛ばされて倒れ、しばらく移動行動ができない状態。

はやぶさ斬り
対象のキャラクターに通常攻撃の0.75倍前後の物理ダメージ×2

ギガスロー
ダークドレアムの前方直線上にいるキャラクターに800前後のダメージ
追加効果でマヒを付与
発動が早め。

煉獄火炎
ダークドレアムの前方範囲に850前後の炎属性のブレスダメージ

凍結じごく
ダークドレアムの前方範囲に 氷属性のブレスダメージ

ギガデイン
対象を中心とする範囲に850前後の雷属性の呪文ダメージ
詠唱が短く発動が早い

HPが減ると追加される通常行動

グランドクロス
対象を中心とした範囲内にいるキャラクターに800前後?1000前後?の風属性の物理ダメージ×2

魔神の絶技
通常攻撃の1.0倍前後の物理ダメージ×7
敵が向きを変えて対象を必ず正面に入れるように技が発動するまで追尾してきます。
対象を含む前方範囲内にいるキャラクターをランダムな対象に取り、合計で7回当たります

刺突
ダークドレアムの前方直線上にいるキャラクターに800前後の物理ダメージ+吹き飛ばし
発動が早い
・つうこん扱いの攻撃なので会心ガードで軽減が可能。ただし吹き飛ばされます
・盾ガード可能。この場合、吹き飛ばしは発動しません
・吹き飛ばし効果を持つので、ボディーガードを貫通して本体にダメージ

悪夢招来
ばくだんいわを3~4匹呼ぶ
HPが減っていなくてもメガンテを唱える

HPは1900程度です

怒り時の通常行動

通常攻撃はやぶさ斬りギガスロー煉獄火炎凍結じごくギガデイン
基本的に怒られたPCがすぐ倒されるのであまり確認できていません。

ターンエンド行動(押し反撃行動)

おぞましいおたけび凍結じごく
*この他にもあると思いますが、まだあまり確認できていません。

注意点や攻略法

敵の攻撃が今までの敵とは比べ物にならないほど高威力です。
具体的にはほとんどのダメージが800~900点。
複数回攻撃の技もあり、聖女の守りで耐えられない場面も多くあります。
全員を守りながら戦うのは非常に難しく、
対象とされたPCはまず倒されてしまいます。
その時、対象のPC以外の被害をいかに小さくできるかを工夫して戦います。

3回続けて通常行動を行いますので、
敵が誰をターゲットしているか、常に把握するのが大切です。

以下、気が付いた点を箇条書きに。
非常に厳しい戦闘である、詳細が不明な部分が多いなどの理由から、
内容も厳しい書き方となっています、ご容赦下さい。

サービス行動、と呼べる行動が基本的に、ありません。
=再選択で被害の大きな行動を結局選択されるのでは、
 キャンセルショットを使う意味が薄い。

サービス行動がないので、同様に崩れたところからの立て直しも難しい。

・敵のターゲットが誰か常に把握する
・ターゲットにされているPCのそばから離れる
・ターゲットになったら下がるか他のPCがいないところへ誘導する
といった工夫は特に必要で、
これらができる、できないで戦闘の難易度が大きく変わります。

壁更新で戦う場合はターンエンドのおぞましいおたけびが被害の大きな行動なので、
壁を成立させる人と、ターゲットではないけれど離れる人
といった被害軽減策も同時に行うと良いようです。
→ツッコミよけでも良いかもしれません。

グランドクロスに巻き込まれるメンバーを減らすために、
あらかじめ全員のポジションを決め、散開して戦うのも効果的です。

敵のそばで倒されたPCを蘇生しに近づくとき、
自分がターゲットでないことを確認する。

異常対策にキラキラポーンを配る余裕は、あまりありません。
→各自で封印、混乱などの装備耐性は必要。

弓聖の守りも活躍しますが、
メンバーがすぐに倒される、チャージタイムが必要
という理由があるので、頼りすぎるのは危険です。

火力が必要なので、隔離要員の枠は恐らくありません。
はやぶさ斬りグランドクロス魔神の絶技といった、
対象がほぼ必ず倒される攻撃手段があり、特定のPCを守りきることが難しいため、
隔離要員が隔離役となり得ないのも、枠を割けない理由です。

煉獄火炎凍結じごくをサービス行動に変えられるので、まもりのきりは非常に有効。
ただし、それ以外の攻撃で倒されることも多いため、
毎ターン使えるとはいえ効果の維持にターンが消費されて、それのみを行う役
になりかねません。
よって無条件で入る職、とは言い切れない部分もあります。
利点と、一名を割く必要性を天秤にかけて決めると良いのではと思います。

呼ばれたばくだんいわを素早く倒せる様に、
爆弾処理班が1名いると良い感じ。
デドスなどはばくだんいわのために温存という工夫も。

スタンショットでスタンを入れられる(やや耐性あり?)
*敵の特定の攻撃をつぶすというよりは、
 危ない時に敵の動きを止める目的で使います。

デュアルブレイカーで異常耐性ダウンを入れられる
フォースブレイクを入れられる(入りやすさは不明)
→どうぐと魔戦の共闘が可能

攻撃力ダウンには高い耐性を持つ

毒が入る(入りやすさは不明)

ギガスロー

ダークドレアムの前方直線上にいるキャラクターにダメージを与える技です。
発動するまで敵が向きを変えて対象を追尾する特徴があるので、
対象は動かずに、それ以外のメンバーが真横に回避する
といった感じの打ち合わせをしておくと被害が軽減できます。

魔神の絶技

通常攻撃の1.0倍前後の物理ダメージ×7
敵が向きを変えて対象を必ず正面に入れるように技が発動するまで追尾してきます。
対象を含む前方範囲内にいるキャラクターをランダムな対象に取り、合計で7回当たります

ベルムド強の死の突撃を連想して頂くと攻撃範囲がわかりやすいと思います。
ただしあちらと違い、対象はこの技を回避することができません。
それでも複数がこの技を受けるよりは被害を小さくできるので、
対象にされたPCは技の吹き出しが見えたら、
技の範囲を味方のいない方向へずらす様に動いてあげるのが良いと思います。

参考構成

◇ダークドレアム戦の装備について◇
他者を対象とした魔神の絶技に巻き込まれても一撃は耐えられるHP
という理由から510~520程度を確保の目安として考えています。
通常攻撃もこれでまず耐えられます。

各自が少なくとも封印混乱耐性は必要で余裕があれば呪いやマヒ耐性を。
退魔セットは、セット効果(30)+はくあい70で100%、体下で混乱耐性が可能。
他の職はハイブリッドが必要で出費がかさみますが、
どちらも対策したい異常なので、悩ましいところです。

魔法使いは基本的に一撃で倒されるので耐性を付ける意味が薄く、
HPや耐性にあまり装備を割く必要はありません。
敵から離れている、と油断しているとギガスローに巻き込まれる事があるため、
頭にマヒ耐性(体下は攻魔)を装備できると良いかもしれません。

敵に倒されることが非常に多いので、職業を問わずにロザリオの装備が推奨されます。




  • 最終更新:2015-06-24 06:33:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード