ジゴスパークの効果

ジゴスパークとは

ジゴスパークは敵自身の周囲を範囲として雷属性のダメージを与える技です。
この技も、名前が同じでも効果の違うタイプが存在します。

ここでは敵の技としてのジゴスパークのみを扱います。

ジゴスパークによくある誤解

この項目を作ったそもそもの理由でもありますが、
この技にいくつかのタイプが存在することがあまり知られていない、という点
タイプ別解説で書いていきますが、状態異常「マヒ」を付与するものとしないものがあります。
ダメージが一定のものもあれば、そのときのPCのHPで変わるものもあります。
ジゴスパークはどれも同じ、という誤解を以降で解いていきたいと思います。

その他に、魔結界でダメージの軽減ができる、という誤解があります。
攻撃の種類と範囲の項目でも書きましたが、
ジゴスパークは呪文にもブレスにも分類されないダメージを与える技です。
魔結界や心頭滅却でダメージを軽減することはできません。
ジゴスパークを魔結界で軽減、と書いている攻略サイトがありますがそういったことは起こりません。
軽減したい場合は、雷属性ダメージ軽減の装備や食事が必要です。

タイプ別解説

状態異常「マヒ」を付与してくるタイプとそうでないタイプの区別もしていきます。
各項目にはそれぞれ使用してくる主な敵もあわせて記載しました。

1.
ダメージが決まっていて、追加効果でマヒするタイプ
主な敵:災厄の王、真・災厄の王、ベリアルベリアル強
     秘宝の大悪魔(ピラミッド7層のベリアル)、ファラオ・カーメン

敵自身を中心とした範囲に一定のダメージを与えます。
このとき追加効果で状態異常「マヒ」になることがあります。
このタイプのジゴスパークはダメージが大きいものが多く、
追加効果のマヒとあわせてPTが半壊しかねないので、
発動前に範囲外に逃げたり、中断させるなどで被害の軽減に努めましょう。

2.
ダメージが決まっていて、追加効果のないタイプ
主な敵:黒竜丸強

敵自身を中心とした範囲に一定のダメージを与えます。

3.
HPの現在値を元にダメージが算出されるタイプ
主な敵:秘宝の剣魔
(ピラミッド3層、赤い方のマント。秘宝の剣魔のジゴスパークはマヒしません。)

・現在HPのX%分がダメージとなります。
・各PCの現在HPで、それぞれダメージが変わります。
・X%が何%かは、使用する敵によって違います。
・現在HPをX%減らすダメージのため、このジゴスパークで倒されることはありません。
 ただし、発動の直前に他の敵から攻撃を受けるなどしてHPが減った場合は別です。
・雷属性ダメージ軽減の装備を身につけていた場合、算出されたダメージに軽減率が適用されます。

例1)
現在HP400で、ジゴスパーク(50%)を受ける
400×0.5=200前後のダメージ

例2)
現在HP400のときにジゴスパーク(50%)を受ける。
ただしビーナスの涙(雷属性ダメージ20%軽減)を身につけている。
(400×0.5)×(1-0.2)=160前後のダメージ

◇ジゴスパークの%に対して、軽減効果の数値が適用されるわけではないので、
400×(0.5-0.2)=120前後のダメージ、という計算にはなりません。

○補足:ボディーガードが受けた場合
PCの現在HPではなく、ボディーガードの現在HPを元にダメージが算出されます
白(HP2倍)や金(HP4倍)のボディーガードが受けた場合も同様です。


  • 最終更新:2015-03-09 03:15:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード