アトラス

Ver2.4後期で特に変更点なし

通常行動は時々2回行動
アトラスは通常時でも怒り時でも行動内容は変わりません。

通常時の通常行動

通常攻撃
250前後のダメージ

つうこんのいちげき
600越えのダメージ

大地の怒り
アトラスを中心とする範囲内にいるキャラクターに通常攻撃の1.3倍前後の土属性物理ダメージ
追加効果で転び(この技は転び耐性がないと必ず転びます)

怒り時の通常行動

通常攻撃つうこんのいちげき大地の怒り

ターンエンド行動(押し反撃行動)

通常攻撃
*ターンエンド行動につうこんのいちげきはされません。

注意点や攻略法

マラソンや壁の更新さえできれば難しい相手ではありません。
つうこん対策に会心ガードや聖女の守りがあれば、より楽に戦うことが出来ます。
大地の怒りは範囲外まで逃げて回避できるように、
アトラスの行動に合わせてこちらのコマンドを入力すると良いでしょう。
回避に自信がない場合は転び耐性の装備を用意して対策します。

アトラスは戦闘序盤が肝心です。
開幕時に壁やマラソンを行って時間を稼ぎ、
僧侶が聖なる祈りや会心ガードを入れられれば戦闘はさらに楽になります。
回復の合間に聖女の守りを配るのも忘れずに。
スクルトを使うよりは効果のある行動です。

大地の怒りは、全員が回避できれば被害の出ない技です。
このような隙に聖女を配る行動を挟むと無駄なく行動する事ができます。

大地の怒り

この技は、対象を取らずにアトラスがその場で実行する行動です。
次の行動に大地の怒りを選択している場合、
ターゲットへ向かっていくのではなく、その場で体の向きを何度か変える
ということをします。

この兆しが見えたときは、
アトラスを攻撃せずに、大地の怒りをよける準備をしましょう。

構成例

アタッカー×3、僧侶

バト、バト、バト、僧侶など
取り立てて書くこともなく、慣れた人向けの構成です。


アタッカー×2、バイキルト役、僧侶

アタッカー、アタッカー、魔法戦士、僧侶など

バイキルト役が旅芸人になると蘇生役も二人になります。
安全を確保して挑みたい場合はこちらがおすすめです。

毒が比較的入りやすいので短剣構成も良いです。
短剣の場合、会心完全ガードを入れつつ戦えるのも利点です。


  • 最終更新:2015-05-05 20:45:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード