つうこんのいちげき

つうこんのいちげき

守備力や守備力変化の影響を受けずに、敵の攻撃力とほぼ同等のダメージを与える
という点は、かいしんのいちげきと同じですが違う点もありますので、
以下にそれを述べていきたいと思います。

1.
武器、盾ガード、身かわしで回避ができる
かいしんのいちげきは敵の持つガード効果や、身かわし効果を無視しますが
つうこんのいちげき(以下、つうこん)はプレイヤーキャラクターのガード効果や、身かわしの影響を受けます。
特技「ブレードガード」などを使用すると、この現象に遭遇しやすいでしょう。

2.
状態異常「幻惑」の影響を受ける
状態異常「幻惑」にすると、つうこんをミスさせることができるようになります。
会心完全ガードの使えない職業やPT編成でつうこんをしてくる敵を相手にする場合
敵を「幻惑」状態にするのは有効な手段のひとつです。

3.
怒り状態の攻撃力アップの影響を受けない
敵は怒り状態になると攻撃力が1.25倍になります。
しかし、この攻撃力アップの効果はつうこんのダメージに影響を与えません。

4.
つうこんを使う敵は決まっている
プレイヤー側の「かいしんのいちげき」は、どの職業、どの武器でも発生する可能性があります。
が、つうこんのいちげきを出せるのは一部の敵に限られています。
もう少し詳しく書くと、
プレイヤーのように通常攻撃から発生するのではなく、敵はつうこんを選択して実行してくる
という書き方になります。
まじん斬りや一閃突きのように、任意でつうこんを選択できる、ということですね。
ですので、
つうこんを使うかどうかは、行動選択肢に「つうこんのいちげき」を持つかどうか
と書き換えることも出来ます。

○補足
即死ガードの錬金効果はつうこんのいちげきに対して全く効果はありません。



  • 最終更新:2015-05-17 21:40:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード